2020年04月26日

稽古再開について

 会員の皆様とご家族におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。なにかお困りのことはありませんか。
 新型ウィルスの感染状況は我々の想像をはるかに超えるスケールで進展しています。先進国を中心に多大な出血を経てここまで来ましたが、現在は開発途上国でも厳しい攻防が始まっています。戦況は予断を許しません。地球規模で心を合わせてこの困難を乗り越えなければなりません。今は、合気道をしばらく忘れて、全力で 自分、家族、大切な人、社会 を守る行動をとってください。
 
 さて、合気道の稽古ですが、いつになったら再開できるのか 全く予想がつきません。神奈川大学は7月末まで校内立ち入り禁止、部活も禁止になっています。県立武道館は県の要請で8月末まで閉館となりました。県内の体育館、施設も使えなくなる可能性があります。3月、4月、5月と稽古ができない状態なので5月の個別の審査と7月の審査会は中止とします。県連盟主催の演武大会(7月25日)も中止です。また、本部道場は 昇級昇段審査(5月10日)が中止、稽古自粛(5月6日まで)、事務休止(5月6日まで)です。
 合気道の稽古再開は、ウィルス感染時の治療方法の確立、ワクチンによる予防方法の実用化 に大きく左右されます。また、安全に稽古ができるように、手洗い、消毒、うがい、行き帰り時のマスク着用、3密を回避すること、等に気をつけ、稽古方法も工夫して行かなければなりません。そのためのガイドラインを作成中ですが、たたき台を完成次第 皆様にメール配信しますので、その際にはご意見をお聞かせください。ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

合気道横浜代表 木原
posted by 合気道横浜スタッフ at 11:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: