2020年04月02日

稽古と昇級昇段審査の見通し

会員の皆様

 代表の木原です。新年度になりましたが 皆さん、いかがお過ごしですか。ご家族の皆さんはお元気ですか。世界がこのようになるとは、誰が予想していたでしょうか。まるでSF映画のようです。いつの間にかはまってしまった混沌の世界を乗り越えるために皆で力を尽くすしか方法はありません。負けずに、めげずに、あきらめずに頑張りましょう。

 今後の予定と見通しをお伝えします。変更になる可能性大ですが、参考にしてください。
【稽古】
 仲尾台、根岸ともに閉館されている横浜市の施設が開館されれば稽古再開を検討します。施設閉館は当面4月30日までですが、その後の予定は未定です。
【昇級昇段審査】
 4月12日に神奈川大学柔道場で予定されている かながわ合気道会 の審査会は中止します。稽古が可能になれば仲尾台あるいは根岸において合気道横浜単独の審査会を行います。稽古ができていませんが、受験希望の方はレベル維持のため自分で稽古をしておいてください。
自分稽古の一例を下記に挙げておきますので参考にしてください。
@シャドウ稽古(相手を想定して動く一人稽古)
A剣、杖の素振り(1日100回以上)
B徒手技における剣、杖の捌きの稽古
C剣対剣、剣対杖、杖体剣の稽古
D居合の稽古(抜刀の動作は合気道の初動作と同じである)

  木原
posted by 合気道横浜スタッフ at 23:12| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: